用語解説


>> P.222

表表面処理鋼板種類1の表面処理鋼板亜鉛鋼板溶融亜鉛鋼板()合金化溶融亜鉛鋼板溶融亜鉛―合金鋼板電気亜鉛鋼板()鋼板()ー鋼板()(ーー)()銅鋼板塗装鋼板着色亜鉛鋼板溶接可能塗装鋼板メッキメッキメッキアルミニウムメッキメッキアルミニウムメッキタンメッキぶりきティンフリズスチルメッキメッキJISGJISGJISGJISGTFSJISG33023313331433033315鉄鋼は、その機械的性能、加工性、価格などの点で構造用材料の主役であり、1987年における普通鋼鋼材の国内総需要(受注量)は約5410万㌧にのぼります。このうち、表面処理鋼板を含む薄板の比率は約36%で、需要量としては自動車関連分野が50%以上と多く、そのほかに家電、建築資材、事務・家庭用品、住宅、農機具などの業種で使用されています。最近これらの業種では、耐食性や外観など、製品の品質向上を目的として、表面処理鋼板の採用が進んでいます。図1に、1985年における主要品種受注量(内需)を1973年との比較で示します。この図から明らかなように、表面処理鋼板の受注量の伸び率は、12年間で約2.5倍とほかの鋼材を大きく上回っており、1987年には、その受注量が薄板全体の約43%にも及んでいます。この表面処理鋼板は、表1のように分類することができますが、特に亜鉛メッキ鋼板の割合は約70%と高く、表面処理鋼板の代表と言えます。従って、ここでは亜鉛メッキ鋼板の主なものを中心に説明します。1.溶融亜鉛メッキ鋼板(含亜鉛鉄板)この鋼板の亜鉛目付量は、JIS規格に定められているように、薄目付量から厚目付量まで広範囲です。一般に“亜鉛鉄板”と称しているものもこの中に入ります。この種の鋼板は、亜鉛目付量に応じて優れた耐食性を有していますが、亜鉛の錆(白錆)を防止するために、クロム酸によって耐食性を有する皮膜を形成させる(クロメート処理)場合があります。また、溶接性は冷延鋼板などに比べて劣るため、溶接条件や目付量を選択する必要があります。加工性についても、加工度に応じた目付量や潤滑剤を選定しなければいけません。塗装性については、リン酸塩処理(ボンデライジング)を施し、塗膜の密着性および塗装の耐食性を高めることが可能です。溶融亜鉛メッキ鋼板は、これらの特性により、建材あるいは自動車や電気器具の内板などに使用されています。2.合金化溶融亜鉛メッキ鋼板この鋼板は、溶融メッキ後、メッキ層を加熱して表面まで鉄を拡散させたもので、ZN―FEメッキ層は、塗装性および溶接性に優れています。また、無塗装で使用されることがなく、塗装との組合せによって優れた耐食性も発揮します。ただし、メッキ層がもろいため、加工性は冷延鋼板などに比べてやや劣ります。用途としては、自動車の内・外板および電気器具の外板があり、近年著しい需要の伸びを示しています。3.電気亜鉛メッキ鋼板この鋼板は、溶融亜鉛メッキ鋼板に比べて、①原板である熱・冷延鋼板の材質特性を維持できる、②目付量が均一で表面が平滑である、③片面メッキが容易である、④ZN―FE,ZN―NIなどの複合メッキが可能である、などの特長を有しています。これらの特長を生かし、自動車や電気器具の内外板などに使用されています。4.その他:アルミメッキ鋼板この鋼板の最大の特長は、優れた耐熱性です。アルミメッキ鋼板は670℃近くまで酸化せず、1000℃くらいでも耐熱性が得られます。また、耐食性も厚メッキの場合には亜鉛鉄板よりも優れ、特に海岸性雰囲気や工場地帯の硫化水素、亜硫酸ガスなどに対して良好な特性を示します。ただし、メッキ層がもろいために加工性が悪く、溶接性も冷延鋼板に比べて劣ります。これらの特長により、自動車などの排気系、焼却炉などに使用されています。以上のように、亜鉛メッキ鋼板に代表される表面処理鋼板は、鋼製製品の品質向上の観点から、今後さらに需要の伸びることが予想されます。(1988年6月号)表面処理鋼板128128


<< | < | > | >>